温度計の校正と基準を利用する時のポイントについて

   

品質管理は様々な分野に欠かせない存在です。品質管理の中では寸法を計測する事もありますし、圧力がどれだけ耐えられるのかを計測したり、硬さを計測したり、業種に応じて計測する対象物と測定機器、そして測定方法など様々です。品質管理の中で温度を管理しなければならない場合には、温度計を使って温度管理を行う必要があります。
測定機器は定期的な校正を受けて、正確に測る事が出来る設備である事を確認する事も重要です。正確な数値が表示された時に初めて合否判定が出来るようになるため、正確性が重要視されるわけです。現在使用している測定機器が正しく計る事が出来か否かを確認する時には基準となるものとの比較で行うのが一般的ですが、同じ測定機器を複数使っている場合には相互判定を行う方法もあります。

どのレベルまで精度を保てば良いのかを検討

現在使用している温度計などの測定機器が、正確な数値を割り出しているのか否かを確認するために行うのが校正です。数値の確認をした時に温度のずれがある、正しいかのジャッジを行うために基準となる設備を用いて確認します。ずれがあっても測定機器が使えないわけではなく、どれだけ誤差が生じるのかを把握しておけば、測定値に対して誤差を加算する、もしくは減算すればそのまま計測機器として使用を続ける事が出来ます。
確認方法の中でも最も正確に行えるのが基準となる器具を使う方法です。温度を計測する治具との差を分析する、表示される数値がプラス2度になっている事が分かった時には、測定結果の数値にプラス2度を加算して記録を行います。但し、測定にはそれぞれ精度があるため、小数点以下を切り落として考えれば良い場合もあれば、小数点以下も重要になるなど、どのレベルまで精度を求めるのかを検討しておきましょう。

精度が要求される時に最も精度が高いやり方とは?

1度や2度などの精度が必要なケースもあれば、±0.5度、中には±0.1度まで正確に計測が必要なケースもあります。誤差を求めるための範囲、品質管理の中での許容誤差が必要になるのかに応じて変わります。温度計は温度を計るための測定機器ではありますが、僅か0.1度の違いで品質的な問題が生じてしまう場合には正確な数値を割り出す方法で行う必要があります。
逆に、1~2度の狂い程度であれば品質的に問題がないものを計測する場合には、社内にあるすべての計測機の精度を比較する事で、良品と不良品の判別が出来るようになるため、最も簡単に出来るわけです。しかし、高い精度を求めなければならない場合には、校正を行っている専門機関に依頼を行い、どれだけの誤差があるものなのかを把握した上で、新しいものを購入して品質管理を行うべきか否かの検討を行いましょう。

ピックアップ記事

温度計を校正したら証明書を確認

温度は暑い寒いだけでなく、安全性の確認や有効性の保証に使われることがあります。高温で10分加熱することで殺菌をしたり、診察のために病気の患者の体温を確認したり、食品を芯まで熱を通すために規定の温度で茹...

温度計の校正と基準を利用する時のポイントについて

品質管理は様々な分野に欠かせない存在です。品質管理の中では寸法を計測する事もありますし、圧力がどれだけ耐えられるのかを計測したり、硬さを計測したり、業種に応じて計測する対象物と測定機器、そして測定方法...

品質管理に必要な温度計の校正とその方法について

品質管理はモノづくりには必要不可欠な存在です。一言で品質管理と呼んでも様々な管理方法があるわけですが、管理を正確に行う事が重要なポイントになります。正確な管理とは正しいもので測定を行うなども含まれます...


活用法