品質管理に必要な温度計の校正とその方法について

   

品質管理はモノづくりには必要不可欠な存在です。一言で品質管理と呼んでも様々な管理方法があるわけですが、管理を正確に行う事が重要なポイントになります。正確な管理とは正しいもので測定を行うなども含まれます。例えば、温度管理が必要な現場では、校正が行われた温度計を活用して適正な温度でモノ作りが行われているのかを確認する事が正確な品質管理に繋がります。
測定機器には様々な種類がありますが、適正な数値が表示されるのかという事は、品質管理には欠かせない事です。測定を行ったけれども数値が正しいのか否かが判断出来なければ品質を維持させる事は難しくなります。種類に応じて精度の確認の仕方が異なるので、使用している測定機器毎に正確なやり方で精度の確認を行いましょう。

温度を正確に計測するための測定機器です

温度計とは物体の温度を計るための計測機器の総称です。体温計は人の体温を計測するための医療機器の一つと言えますが、最近はデジタル表示式タイプの体温計が主流になっています。温度誤差がどれだけあるのかなど考えて使用する人は少ないかと思われますが、もし、温度誤差が2度ある場合を考えた時、その誤差がプラス方向にあるのか、それともマイナス方向にあるのかを把握しておけば、表示された温度から±2度を加算もしくは減産して考えれば良い事になります。
仮に、体温を計測したら34度、誤差がマイナス方向に2度ある場合には、計測した数値に2度を加算すれば良いわけです。体温が36度の人であれば、表示が34度になっている時には平熱である事が分かります。しかし、誤差を知らずに計測した時にはどうでしょうか。表示温度が34度ですから体温が低いと感じる事になります。

相互比較や標準計を使うやり方が便利です

温度計の校正の仕方には標準計を使って温度を同じ条件で計測し、2つの誤差を調べる方法が一般的です。他にも、新しいものを毎年購入するやり方もありますし、複数の測定機器を集めて相互比較を行う方法など様々です。新しいものを毎年購入するとなると経費が掛かり難しいケースもあります。
校正を依頼する場合、郵送依頼と出張依頼を行うことができます。もちろん、郵送依頼は宅配便などの郵送にも耐えられる程度の耐久性が必要となります。出張依頼は郵送することによって破損の恐れがあるものや、郵送するには大きすぎるものなどに対応しています。

ピックアップ記事

温度計を校正したら証明書を確認

温度は暑い寒いだけでなく、安全性の確認や有効性の保証に使われることがあります。高温で10分加熱することで殺菌をしたり、診察のために病気の患者の体温を確認したり、食品を芯まで熱を通すために規定の温度で茹...

温度計の校正と基準を利用する時のポイントについて

品質管理は様々な分野に欠かせない存在です。品質管理の中では寸法を計測する事もありますし、圧力がどれだけ耐えられるのかを計測したり、硬さを計測したり、業種に応じて計測する対象物と測定機器、そして測定方法...

品質管理に必要な温度計の校正とその方法について

品質管理はモノづくりには必要不可欠な存在です。一言で品質管理と呼んでも様々な管理方法があるわけですが、管理を正確に行う事が重要なポイントになります。正確な管理とは正しいもので測定を行うなども含まれます...


ポイント